2006年12月30日

いいもの発見

自閉症児のわがの息子は、
まだ言葉が上手く発せない。

単語レベルで少しなら話せることはある。

おふろ、はいる。

おしっこ、した。

など。

そこで少しでも単語を増やせるように
モノの絵や写真がついたカードを見せて
これなあに?
と質問形式で教えてゆく。

ところで、そのカードなのだけど
作るのはめんどくさい。
しかしいいものを見つけた。

それは、長女の通う英語教室の単語カードだった。
長女のものは子供向けで絵もかわいい。
もちろん英単語がかかれているのだが、
数も豊富だし、色まで表示している。

これから、コレで教えてゆこう。

しかし、
なあ息子よ。

ついでに英語も覚えないか‥(笑)

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋

posted by ほたお at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月29日

たのしい!

たのしい。

最近療育教室で覚えてきた言葉だ。
そこの先生がおしえてくれたのか、どうかわからないのだが
使い方は間違っていない。

息子は
よく、痛いとき、おもちゃを取られたときに
「かわいそ、かわいそ」という。
意味は分かるが、使い方が間違っている。
自閉の子によくある事らしく、
言葉の意味をあまり理解せずに発してしまう症状らしい。

しかし「たのしい」については、
いままであまり間違った使い方をしていない。
「たのしかった」とか過去形との使い分けはできていないが
意味は間違わない。。

そんな息子が「たのしい」と笑顔で言うのをみると
おやじも実に「たのしい」のである。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋

タグ:自閉症
posted by ほたお at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月28日

日々変化

昨晩の風呂。
いつも父親の私と入浴する、自閉症の長男。

普段は「洗おう!」といえば湯船からすぐ上がるのに、
今日はなんだかぐずる。

いつもなら、無理にでも湯船から無理やり上げて、
泣こうがぐずろうが時間がかかって面倒なので、
チャッチャと洗ってしまうのだが、
今日はちょっと自分を落ち着けて、
彼に「どうしたの?」と聞いてみる。
「$%#&?^^=%$」
‥なんだかわからない。。。
ここでまたイライラを押し留め、
少し「なぜぐずるのか?」考えてみる。

ふと思い出したのはトイレへ行かせること。。
「じゃあオシッコしておいで」とトイレへ送り出す。
帰ってきたときにはぐずりも収まり、いつもどおり身体を洗う。


仕事では効率やスピードを要求されるので、
頭もそうなっているのだけど
家の中では、特に彼の前では会社や社会の通念は捨てなきゃね。
必ず社会のルールが正しいとは限らないのだから。

そんなことを、思い出させてくれる。
やはり子供で親も育つのだ。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋

posted by ほたお at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月27日

名前が言えた!

昨日、
自分の名前を言えるようになった。
素直にうれしい。

もちろん平均よりずっと遅れているのだけれど、
それだけに、うれしさがひとしおだ。

まあ遅くてもゆっくりでも
できることが増えてゆけばそれでいい。

その先のことは、その時になってから考えるさ。
それが彼のペースなんだから。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋

タグ:自閉症
posted by ほたお at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月26日

自閉症児のダイエット?

聞いた話で又聞きなのだけど‥

自閉症児の中には、
思春期に爆太りする子がいるらしい。

なぜなら、周りが気を使い介助するため
居心地のよい状態で、気を使うことがなく
ストレスがないから‥らしい。

ホントかウソか?
よく分からないのだけど、
そうか、気を使うことはストレスだけじゃなく
ダイエット効果もあるんだ。。。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋

posted by ほたお at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月25日

突然のプレゼントにも動じない(笑)

自閉症児は、
突然の出来事に対処することが
不得意だと言われている。

でも、
クリスマスの朝起きたときに枕元にあった
プレゼントには動じなかった。

いつもどおり、包みをはがして箱から取り出し
嬉しそうに遊ぶ。。。

おいっ!
実は都合の悪いときだけ
自閉症になってるんじゃないのかっ?

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋


posted by ほたお at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月24日

彼のこだわりは私

不思議と言うかなんというか?

うちの息子のこだわりは
私こと父親みたいなのである。

ともかく私が在宅中なら、トイレから遊びから食事まで
私が付き合うことになる。
ご指名なのである。

風呂と朝の着替えなどは、私が専属となっている。

声のトーンに好き嫌いがあるのでは?
というのが、嫁の意見だが
(幼稚園の先生もかん高い声の先生より、落着いた声の先生が好きらしい)
実際のところはよくわからない。

いつかある程度コミュニケーション取れるようになったら
ぜひ聞いてみたいことである。



タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症・症状、こだわり

2006年12月23日

またひとつTIPSを得た

またひとつ小さなTIPS(コツ)を得た。

たとえば。。。
歯を磨くように促すが、言うことを聞かない。
段々叱るような言い方になる。
すると、ますますきかない。
そして怒鳴ってしまう。

コレ、ダメノコトアルヨ。

その時、そっと耳元で「歯を磨こうね」と囁くと
きくようになる事があるという。

どうやら怒鳴ると、「ナンダカワカラナイケドコワイ」という
認識しかなくなる場合があるらしく、
歯を磨かせるという目的は達成できなくなる。。。そうだ。

でもこれは、自閉症児でなくても
効きそうな気もするなあ。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋


タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月22日

混沌とした世の中

自閉症児からみた世の中は、
とても秩序がなく混沌とした世界らしい。

それは観念的な話ではなくて、
目に見えたり、聞こえたり、匂ったりする
実在するものがそう感じられるらしい。

そんな混沌とした中に、一本の真っ直ぐな線や
いつも同じところにあるモノなどは
非常に安心するらしい。
だから、使ったものは同じように同じ場所に置くし、
おもちゃなども真っ直ぐ並べたりする。。

それが、こだわりという風に捉えられてしまう。
ある意味彼らには、「こだわり」ではなく必要な行為なのだろう。

だけど、それも彼らから意見を聞けないと
本当のところは分からない。
しかも一人一人度合いも、感じ方も違うというのだから。。。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋

posted by ほたお at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2006年12月21日

悲しいか?

息子が自閉症と診断されて
悲しいか?と聞かれたら、

正直なところわからない。
妻は、普通であってくれたなら‥と
つぶやくことが多いのだけど、
私は、普通といわれる子でも親殺ししたりするんだから、
普通の定義事態が怪しいのだ‥とか思っている。

妻は息子が、幼稚園で同学年の子と遊ぶのを毎日見ている。
それは、他の子と息子の差を見せつけられる毎日でもある。
だから、私の考え方は
彼女の前では理想論なのかもしれない。

すまん。

ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋


でも嘆いて暮らすぐらいなら、
「普通」だって怪しいって考えた方が
前へ進めるんじゃないかと思う。

タグ:自閉症
posted by ほたお at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも
過去ログ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。