2007年03月11日

チェリーパイ!?

うちの息子は、週に1回自閉症児ばかりを集める、学童保育のようなところへ通っている。

本人的は楽しいようで、うれしそうに通っている。
そこで、散歩と称して公園まで歩くらしいのだが、
息子は、公園に差し掛かると「チェリーパイ!」と言うらしい。

引率の先生が「チェリーパイってどうゆう意味でしょうか?」と
聞いてきたのだけど、こちらも「?」である。

ところが、よく考えてみるとその公園には大きな滑り台があるのだ。それは息子のお気に入りなのである。

「チェリーパイ」→「スベリーダイ」→「スベリ台」だったというお話でした。。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


タグ:自閉症
posted by ほたお at 15:00 | Comment(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年03月07日

アスペルガー症候群は誰にでもある。

アスペルガー症候群は誰にでもある。
これは、広義でいえば誰でもその傾向があるという意味。

さる事件の判決が出て、にわかにアスペルガー症候群という言葉が独り歩きしているのが恐ろしい。

言葉が独り歩きすると必ず実態が伴わない。
言葉にすれば、膨大な事実が抜け落ちる。
言葉にすれば、人は理解したような気になる。

このことをみなキッチリ理解しておかなくてはいけない・・・
と私は思うのだけど。。

判決に関しては、テレビで報道されていること以上の内容は知らないので、意見は差し控えるけれど、
弁護側が、アスペルガー症候群という病気を持ち出して減刑をさせるのであれば、その言葉と病気の後ろ側にある膨大な事実を理解したうえでの弁護だと思いたい。

いずれにしても、事件は起こってしまって、悲しくも一人の女の子の命が奪われたのだ。
これは事実なのだ。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト

posted by ほたお at 12:47 | Comment(0) | 自閉症児の日々こもごも
過去ログ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。