2007年05月22日

最近ちょっと調子が悪い‥

うちの息子は最近ちょっと調子が悪い。
言葉が少し減ったような気がするし、
素直に言うことを聞かない。

ちょっとしたこだわりも
出てきているような気もする。

彼の朝食はジャコを食べることから始まる。
ジャコが好きで、まずこれを自分の分だけ食べてから
ご飯を食べる。
毎朝同じなので、「こだわり」になったら困るし‥
ということで、嫁が先日ジャコの代わりに漬物を置いたそうだ。

結果、ジャコのことなど一言も言わず高菜の漬物を食べてたそうだ。
まあ良かった‥のか。。
しかし、最近調子が悪いのは前回このブログにメッセージ下さった
学生さんに、
気を悪くされるようなレスをつけた私に罰が下ったのか?

その節はすいません。決して悪気はありませんので。
すいませんでした。。。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


弁護士に相談

法律相談

法律相談案内所


タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年05月17日

見えない垣根

今日は、私より年上の自閉症児の父親のお話を聞いた。
その息子さんは自閉症児といっても、もう25歳になるそうだ。

その子が4歳のとき、おばあちゃんの家に行きたかったらしいのだが、電車の乗り継ぎを間違えて、隣の県へ行ってしまったらしい。
両親は誘拐と思い、地域の警察に連絡をしたのだがどうも見つからない。
ふと思い直し、隣の県の警察にも連絡を取ってくれと頼んだそうだがなんだか、らちが開かない。仕方ないから自分で警察ではなく(もうすでに信用してない。。)隣の県の終着駅に連絡を取った。

結果的に
となりの県の電話をしたのとは違う、電鉄会社の駅で見つかったそうだ。
しかし、その駅も電話をした駅と相互乗り入れをしているのだ。
親の勘は当たっていた。

自閉症とは関係ないけど、
世の中には、会社ごとの垣根や組織の垣根とか見えない垣根が
いっぱいあるのだということを知った話だった。。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


弁護士に相談

法律相談

法律相談案内所


タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年05月11日

筆「画」談?

息子は絵を描くのが好きだ。
始終、お絵かきボードに絵を描いている。

当初は車やトラックが多かったのだが、
最近様々なものを描くようになってきた。
それも、状況を含めて描くのだ。

たとえば、楕円と包丁らしきものを描いて「ウンウン」と唸る。
楕円を指して「これは何?」と聞くと「じゃぐあいも」という。

長方形に楕円がついた絵を描いて「かんぱ〜い」という。

こんな姿を見ていると、絵で会話ができるのではないだろうか?
という気がしてきた。先日書いた東田くんはお母さんと五歳くらいから筆談をはじめたそうだ。

しかし、どこから始める?絵文字?
原始人かっ!(タカ&トシ風 笑)

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


弁護士に相談

法律相談

法律相談案内所


タグ:自閉症
posted by ほたお at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年05月10日

一週間は長い‥か?

うちの息子は、週末になると「きかん坊」になるようだ。
週初めは、言うこともよく聞き、聞き分けもいいのだけど、
週末になってくると「きかん坊」になる。

疲れてくるとそんな症状?が出てくるようだ。
たしか、以前ディズニーランドへ行ったときも、二日目の午後は
地べたに寝転がってしまって、白雪姫に笑われてしまった事があった。

自閉症児はみなこんな傾向があるのだろうか?

弁護士に相談

法律相談

法律相談案内所


タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年05月09日

この地球(ほし)にすんでいる僕の仲間たちへ

この地球(ほし)にすんでいる僕の仲間たちへ
という本がある。
12歳の自閉症の子が書いた本だ。
東田直樹くんという。

彼のことと、彼の本はテレビでみてはじめて知ったのだが、
彼には、素晴らしい才能がある。
それは、とっても美しい文章が書けるのだ。

彼の見た目は、多動癖があり一時もじっとしていない(いられない)だが彼がキーボードに打ち込むと、画面には凛とした彼の考えや、美しい文が綴られる。

もちろん、キーは2,3回打って何処かへ行き‥などしているから
遅々として進まない。
しかし、綴られた文字は彼の頭の中がいかにクリアなのかを
雄弁に物語る。
自閉症児の本当の辛さは、我々は想像を超えるところにあるのだろうが、
彼の言葉を読むと一歩それに近づけるような気がした。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


弁護士に相談

法律相談

法律相談案内所


タグ:自閉症
posted by ほたお at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年05月06日

最近の世間の理解>自閉症について

本日たまたま立ち読みした、増刊コミックモーニング。
杉本亜未 ファンタジウムという漫画が載っていた。
13歳の男の子が主人公で、めちゃくちゃマジックが上手いという設定だった。まあ、手品は今流行りだしそれに乗ったもんかなと
思いつつ、パラパラとめくると‥「自閉症」の文字!?

気になり、最初から読み返す。
どうやら、この子は「難読症」という症状があるらしい。
学習障害とはまた違ったもので、文字が覚えられないらしい。
これは私もはじめて知った。ヴァージングループのリチャード・ブランソンもそうだとかいてあった。

誤解が広がることもあるかも知れないけれど、
この漫画では、あくまでマジシャンが本道であり
「難読症」をサブ的に扱っているようなので、
ある意味力が抜けていていいかもしれない。

なんだか、最近自閉症が一般的になってきた?
いいことか、悪いことか?


弁護士に相談

法律相談

法律相談案内所



タグ:自閉症
posted by ほたお at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも
過去ログ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。