2006年12月10日

母へのメール・自閉症の誤解について

前略

息子については、
今はそれほど悲観している状態ではありません。
もちろん当初は、途方にくれかけたのだけど、
ともかく病気の把握をまずやろうとしました。

主に本が主体なのですが、
この病気じたい発見されたのは古いのですが、
あまり認知されることがなかったようです。
というより、誤解が多かったようです。

誤解の一部

●自閉症は環境が影響している。
 自閉症は先天的なもので後天的に発症することはない。
 最近でも、後天性であると自論を展開していた大学教授がおり、
 誤解は収まらない。

●ひきこもり、うつ病を含んでいる
 自閉という語感からくるもので、関連性はない。
 言葉を発しないタイプを主に研究されていたため、
 このような印象をもたれていた。

●自閉症は心の病である
 これは、古い学説をもとにした誤解。精神よりも、むしろ感覚の
 伝わり方やその処理をする脳機能の問題。


自閉と言う言葉を聞いて、
「暗い」「無口」とか陰性のイメージがあるのだけれど
どうやら、本を読んでいると随分違う印象になります。

どちらかというと、「自閉」ではなく、「自開」といったほうが
いいのではないかと思えることが多々あります。
特に息子を見ていると、自分から他の園児に近づき
顔を覗き込んだり、何か話しかけようとしたり積極的に
関わろうとしています。

もちろん、症状の一部も出ます。
たとえば、トイレへのこだわり。
何処かへ行くと必ずトイレへ行きたがります。
もちろん、ちょろっとだけオシッコがでるのですが
それよりも、トイレと言う場所に行くことが目的?
のようです。
家にいる時も頻繁にいくのですが、うんこは出ません。
相変わらず、パンツかオムツにします。

しかし、ここ2〜3日トイレで出もしないのに
便器にすわり、トイレットペーパーでお尻を拭き
水を流すという行動に出ています。
若干成長したか???

このように、何かに執着すること(彼の場合トイレ)は
自閉症の症状のひとつだといわれます。

また言葉の遅れと滑舌の悪さもありますが、
言葉は教えるとだんだん増えてくるようになりました。

しかし彼は、何よりケラケラとよく笑い、反応も明快です。
そういえば寝返りも打てないときから、よく笑顔を見せる子でした。

また、親の欲目かもしれませんが、ボケ方に才能があるのではという
気もします。天然ボケキャラで吉本が狙えるのでは?
第二のジミー大西というポジションはどうか?とかとか‥

なので、実際に彼を見ていても悲壮感や危機感などは沸いてきません。
先のこととか考えると「う〜む」と思わないでもないですが、
こいつなりに、なんとかなるんじゃないかという気もします。

悲しんでいることから、病気を理解する方へ考え方を変えると
分からなかった行動が理解できるようになり、
少し楽になってきました。
だから、悲観しないでください。

他にもまだまだ、自閉症を解き明かす話はあるのですが、
それはまた後ほど‥

実際「自閉症」という呼称を変えようと提言している人々もいます。
確かに、知れば知るほど「自閉」と言う言葉から
乖離してゆくように思います。
まあ、でも言葉を変えても世の認識が変わらなければ
意味がないと思いますが。

またメールします。



タグ:自閉症
posted by ほたお at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症について書簡
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。