2006年12月24日

彼のこだわりは私

不思議と言うかなんというか?

うちの息子のこだわりは
私こと父親みたいなのである。

ともかく私が在宅中なら、トイレから遊びから食事まで
私が付き合うことになる。
ご指名なのである。

風呂と朝の着替えなどは、私が専属となっている。

声のトーンに好き嫌いがあるのでは?
というのが、嫁の意見だが
(幼稚園の先生もかん高い声の先生より、落着いた声の先生が好きらしい)
実際のところはよくわからない。

いつかある程度コミュニケーション取れるようになったら
ぜひ聞いてみたいことである。






タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症・症状、こだわり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。