2007年01月18日

さすが母親

昨晩、息子は寝ている間にベッドから転げ落ち、
泣きながらこちらの寝室へ来た。

一階へ降りたりウロウロした挙句、
親の寝室にたどり着いたようだ。

しきりに「痛い、痛い」という。
足をみるとちょっとアザのようなものが
出来ているだけだし、その足をバタバタさせているのだから
まあ大丈夫だろうと、添い寝をしながら眠りにつく。

息子のこだわりは、父親のわたしなので、
こういう場合は、私が添い寝をする。
しかし、昨夜はまだグズグズ言っている。

そのうち、
嫁が見かねて自分の寝床へ引っ張っていった。
私はそのまま寝てしまった。

朝私が「泣き止んだみたいやね」というと、
「そうや、ずっと撫ぜてやってたんやもん」という。。。

さすが母親。
父親にはマネできません。。。
反省します。。


ルアーフィッシングの総合サイト

生活の知恵袋





タグ:自閉症
posted by ほたお at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。