2007年03月07日

アスペルガー症候群は誰にでもある。

アスペルガー症候群は誰にでもある。
これは、広義でいえば誰でもその傾向があるという意味。

さる事件の判決が出て、にわかにアスペルガー症候群という言葉が独り歩きしているのが恐ろしい。

言葉が独り歩きすると必ず実態が伴わない。
言葉にすれば、膨大な事実が抜け落ちる。
言葉にすれば、人は理解したような気になる。

このことをみなキッチリ理解しておかなくてはいけない・・・
と私は思うのだけど。。

判決に関しては、テレビで報道されていること以上の内容は知らないので、意見は差し控えるけれど、
弁護側が、アスペルガー症候群という病気を持ち出して減刑をさせるのであれば、その言葉と病気の後ろ側にある膨大な事実を理解したうえでの弁護だと思いたい。

いずれにしても、事件は起こってしまって、悲しくも一人の女の子の命が奪われたのだ。
これは事実なのだ。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト




posted by ほたお at 12:47 | Comment(0) | 自閉症児の日々こもごも
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。