2007年04月24日

こころの田舎者

人間誰しも、大なり小なり偏見はあると思う。
ただ偏見の度合いは人によって大きく違うと思う。
誤解を恐れずに言うと、
私は密かに、偏見の強い人ほど「こころの田舎者」と呼んでいる。

ちなみに、都会の方が優れているということではない。
偏見の度合いを、都会と田舎に分けただけだ。

特に思うのは、障害者に対しての偏見が解かれる事は、
悲しいけれどまずないだろう。
真のコスモポリタンになれる人間は中々いない。

でも、
こころの田舎者にだけはならないように
自分自身気をつけようと思う。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト



posted by ほたお at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年04月23日

パントマイム

さて、成長著しいうちの自閉症児なのだが、
一人遊びというのか、なんというのか‥
つまりわかりやすく言えば、パントマイム(命名は母親)を
よくやるのだ。

一生懸命何か戸を開けたり、何かを振りかけたりする(多分そうだと思われる)
で、こちらへきて「ハイどうぞ」と手渡すのである。
これが「焼きそば」のときもあるし「プレゼント」のときもある。もちろんなんだかわからないときもある。

小さな子にはありがちといえば、ありがちなのだろうけど、
う〜む。。変な方向に伸びなければいいのだが。。

でも、変な方向って‥どんな方向???

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト

タグ:自閉症
posted by ほたお at 12:25 | Comment(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年04月22日

成長が著しい‥しかも激しく?

ここ数週間、春休みの終わりから
凄く成長しているような気がする。

まず、こちらの言うことが聞ける。それに従う。
遊んでいる最中に「帰るよ」というと
今までは、引きずりながら帰ったのだけど、
最近は自分から遊びをやめて後をついてくる。
相変わらず多動はあるものの、どうも自制しているように見える。

言葉増えた。しかも、状況に応じた言葉が出てくる。
「ごはんだよ」というと、机の上を片付けるという行動に出る。

通常発達の親御さんは、ある程度歳がいけば自然にそうなるよ‥
という認識だろうが、自閉症児の親としては驚異的なことなのだ。

ともかく状況の認識が随分出来るようになったのは間違いない。
寝顔を見ていると、
頭の中の神経細胞がモリモリ増えている音が
聞こえるような気がする春の宵なのだ。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


タグ:自閉症 成長
posted by ほたお at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年04月21日

ジヘドル

うちの息子はどうやら幼稚園で人気があるらしい。
他の教室へ平気で入り込んで、勝手気ままに遊び
でも、人に対してはいつもなぜか笑顔。

多動があるので、
先生の言うことを聞かず何処かへ逃走しようとする。
でも、最近は他の園児達が彼を必死で止めようとするらしい。
しかも違う教室の園児が、だ。

そんな彼を、他の園児たちは●●くんと一緒に遊びたい!
といってくれる。

最近は他のお母さん達にも「かわいい」と言われているらしい。

良かったな。息子よ。
将来の職業が決まったぞ。
自閉のアイドル「ジヘドル」だ。

登録商標に申請しようかなあ。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト

タグ:自閉症
posted by ほたお at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年03月11日

チェリーパイ!?

うちの息子は、週に1回自閉症児ばかりを集める、学童保育のようなところへ通っている。

本人的は楽しいようで、うれしそうに通っている。
そこで、散歩と称して公園まで歩くらしいのだが、
息子は、公園に差し掛かると「チェリーパイ!」と言うらしい。

引率の先生が「チェリーパイってどうゆう意味でしょうか?」と
聞いてきたのだけど、こちらも「?」である。

ところが、よく考えてみるとその公園には大きな滑り台があるのだ。それは息子のお気に入りなのである。

「チェリーパイ」→「スベリーダイ」→「スベリ台」だったというお話でした。。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


タグ:自閉症
posted by ほたお at 15:00 | Comment(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年03月07日

アスペルガー症候群は誰にでもある。

アスペルガー症候群は誰にでもある。
これは、広義でいえば誰でもその傾向があるという意味。

さる事件の判決が出て、にわかにアスペルガー症候群という言葉が独り歩きしているのが恐ろしい。

言葉が独り歩きすると必ず実態が伴わない。
言葉にすれば、膨大な事実が抜け落ちる。
言葉にすれば、人は理解したような気になる。

このことをみなキッチリ理解しておかなくてはいけない・・・
と私は思うのだけど。。

判決に関しては、テレビで報道されていること以上の内容は知らないので、意見は差し控えるけれど、
弁護側が、アスペルガー症候群という病気を持ち出して減刑をさせるのであれば、その言葉と病気の後ろ側にある膨大な事実を理解したうえでの弁護だと思いたい。

いずれにしても、事件は起こってしまって、悲しくも一人の女の子の命が奪われたのだ。
これは事実なのだ。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト

posted by ほたお at 12:47 | Comment(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年02月22日

普通学級か?養護学級か?

普通学級か?養護学級か?
まだ二年先の話だけれど、悩みどころだ。

本人的はどちらがいいか?などわからないだろう。
ここで親の決断が必要なのだが、本人の意思がわからないから
何を判断基準にしていいかわからなくなる。

ここで考えられるのが、親の意向という奴でこれは親の気持ちが反映されるのである。
見栄を張る(といってもいろんな見方があるけれど)という
判断もあるし‥といって、どちらへ行かすのが見栄を張るのか
よくわからないのだけど。。。

さて、しばらく悩まなければならないなあ。
しかし、一度決めたら、なんでどちらへも転入ができないんだ?

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


タグ:自閉症
posted by ほたお at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年02月17日

感覚統合教室へついて行った

感覚統合教室へついて行った。
遊ぶばっかりやで‥とは聞いていたのだが
本当に遊ぶだけだった。

とはいっても、畳一枚分ぐらいのブランコや、直径1m以上ある大きなビーチボール、トランポリンなど身体を動かす
遊びばかりで、これは手足がの感覚を取り戻すというか、
手足を動かして知覚させるという意味合いがあるという。

45分ほどなのだけど、ほとんど勝手に遊ばせておいて、療育士の先生に話を聞く。何回か感覚統合療育を受けているのだけれど、
最初は、これらの道具で遊べなかったそうだ。しかし、今は遊び方を覚えたので、どれでも遊べるようになったらしい。
できるだけ、このように身体を動かす遊びを行った方が
良いと先生はいう。

今は寒いけれど、フィールドアスレチックなんかがいいですね。
と先生。なるほど。。
今度行ってみよう。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト



posted by ほたお at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年02月06日

比べなければ‥

家にいるときは、
同じ年の子と比べることはないので、
舌足らずの喋りは
かわいいなあで済むけれど。。。

外へ出ると同い年あたりの子供らが
ぺちゃくちゃと喋るのを見て

「むむ‥」と思う。

比べちゃいけないと思うけれど‥

同じ自閉症仲間が集う場所と、
一般児から自閉症児まで色んな仲間が集う場所と
彼にとってはどちらが幸せなんだろうか?

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


タグ:自閉症
posted by ほたお at 23:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも

2007年02月04日

WEBのナビゲーション

二キリンコさんの「俺ルール」に書かれているのだけど、
WEBサイトでよくある、

TOP>カテゴリー>購入>精算

などと上部に表示されるナビゲーションは、
とても分かりやすいらしい。

今自分がどこにいるかが、明示されているかららしい。
確かにWEB上では、迷子になりやすい。
あれは現実感がないからだろうなあ‥と
個人的には思うのだけど。。

ひょっとしたら、自閉症の人の感覚は、
WEB上熱中して記事を追いかけている時
ふと居場所が分からなくなる、あんな感じなのだろうか?
だとしたら、確かに不自由だな。。

生活の知恵袋

ルアーフィッシングの総合サイト


タグ:自閉症
posted by ほたお at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自閉症児の日々こもごも
過去ログ
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。